メルマガ講座 <星座の恵み>

──突然ですが。

誕生石については、今では知らない人の方が少ない位かと思います。
1月ならガーネット。2月はアメジスト。7月はルビー、8月ならペリドット──

12の月、それぞれに誕生石が決まっていて(諸説はある様ですが)、自分の生まれ月の石をお守り代わりに身に着けたりしますね♪


ですが、昔々、古代の人々は。
1月ならガーネット、2月ならアメジスト、3月は──という様に、毎月毎月石を替え、幸運を願って、その月毎の守護石を持ち歩いたのだとか。


そして。
12の星座にも、それぞれ守護石があります。
例えば貴方が。7月の18日の生まれなら。
所謂<蟹座>となる訳ですが。

が、しかし。

貴方が生まれたその時。
太陽が蟹座を通過するのと同時に、当然ながら、月も、火星も、金星、木星、土星・・・と、様々な星が宇宙を巡っていた訳です。
そして、月が水瓶座を運行中であれば、“月の星座”は水瓶座となり、水星と金星が獅子座に宿っていたのであれば、“水星星座”“金星星座”は共に獅子座となります。

月は“感情”を司り、水星は知性・コミュニケーション能力、金星は恋愛や、美術・芸術。
これらが、水瓶座にあるのなら水瓶座の、獅子座にあるのであれば獅子座の、それぞれの性格を帯びる事になります。


つまり。
西洋占星術は、誕生時の太陽だけで見るものではなく、月の、火星の、金星、木星、土星──と、10個の星の性格を多角的に見る(更に、出生図──ホロスコープ、には、それぞれ意味を持った12の部屋があり、又、星と星との角度にも意味があり)奥の深い占術です。
余りに奥が深すぎて(^^;)、ここでは詳しい説明は省きますが(機会があれば、ご自分のホロスコープを作成してもらうと良いですね)、要は

「私は山羊座だから、蟹も獅子も関係ないもーん」

・・・とは、限らない、という事ですね(^_^;

 

 

 

遥かな昔。
古代の人々が、各月ごとの恩恵を願って、毎月守護石を着け替えた様に。
牡牛座の期間中、牡牛座の貴方も、そうでない貴方も。
射手座の期間中、射手座の貴方も、そうでない貴方も。 
12の星座、それぞれの恵みを、1つでも多く受け取れるよう。

 

 

星座には、守護石以外にも、それぞれの色があり、香りがあり、ハーブ、食べ物、身体の部位。司る場所や小物? などなどの、様々なアイテムがあるのです。


例えば──

蟹座の司る部位と言えば、乳房と子宮。それと──胃。

一般的には足裏健康法としてお馴染みのリフレクソロジー。
足裏で、胃の反射区に当たるのは、土踏まず。

この土踏まずが適度な柔らかさを保っていれば、胃の調子は良好と言えるのですが・・・恐らく、「胃の調子がすごーくイイ!!」という人は、滅多とお目にかかれないかと(^^;)

ですが──

反射区とは、双方に反射します。

 

胃が不調だから土踏まずが固いのか、土踏まずが固いから、胃の調子に影響するのか──


日頃、歩く機会の少ない人。
或いは、沢山歩いてはいるけれど、靴との兼ね合いで、本来の「正しいとされる歩き方」が崩れてきている人──

は、意外に、食生活やストレス、といった要因よりも、足=土踏まずの方に不調の原因があるかもしれません。


お風呂上がり。
土踏まずに拳の先を押し当て──

 

 

 

──と・・・こんな感じで、12の星座について、あれこれ脱線も交えつつ、お届けしているメルマガ講座

【星座の恵み】

上記のテキストはお試し受講の出来る第一章より引用しています。

 

 

更には、<牡羊座の章>から、途中までですがご紹介♪

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

黄道(太陽の通り道、の意)12宮、第1番目の星座です。
そこから、<始まり、独立>の意味が。

火の星座。

<行動・勇気・挑戦>といった分野を司り、良くも悪くも猪突猛進、独立独歩(^^;)  何より自立を目指します。
但し──正義感が強い余り、注意がストレート過ぎてトラブルに発展したり(・・;)、短気、一本気、といった側面も。
特に月が牡羊座にある人や、“自分自身の部屋”である第1ハウス(出生図の中にあります)に、この牡羊座が重なっている人などは、太陽星座が牡羊座、という人以上に、これらの性格が強く顕れる事が多い様です。

 

牡羊座はスピードの星座でもあります。
スポーツも得意。
特に、負けず嫌いの星座という事で、勝敗を競うスポーツがお勧め。──負けた時は、ちょっと活火山かもしれませんが・・・(^_^;


何か苛々する(>_<)。間違っている!許せない!!
・・・などの怒りで不穏?な時は、スピードで爽快感を得たり、勝敗を競うスポーツなどで、爆発しそうなエネルギーを、上手く発散するのもお勧めです(あ、でも、怪我や事故には、くれぐれもご注意を m(__)m)。
正義感から行動する事自体は、無論大切な事ですが、活火山のままでは、伝わるものも伝わらなくなったりしますしね。
まずは、深呼吸。
更には、上記の様な形でとりあえず落ち着いてから、その怒りが妥当か否かを、今一度点検してみてからでも遅くはないかもしれません(^^)

 

逆に、この所、心身共にお疲れモード。
何をするにもヤル気が出ない・・・という貴方なら。
牡羊座パワーにあやかるべく、牡羊座の支配を受ける食べ物を、食してみては如何でしょう(^-^)
生姜や胡椒、チリ、クミン、などなど、刺激のあるスパイス類は、牡羊座の代表的な食べ物。

辛さを表現するのに、<ホット>という言葉を使いますよね。

牡羊座の支配星は火星。
その真っ赤な星のイメージから、赤→熱い→辛い・・・と連想が広がった、とも考えられますし、又同時に赤は血液の色。
火星は鉄分を支配し、血液も司ります。


血液の流れを良くする事は、健康の要。
血の滞りは、肩や首などのコリを招き、そこから頭痛が引き起こされたり、又抜け毛(ToT) の原因になったりします。
無気力の原因の1つでもあるそうですよ・・・(゜゜;)


伝統的に、牡羊座の食物として、緑の濃い野菜が挙げられるのも、血液を作る意味からでしょう。
特に、鉄分豊富なほうれん草、にら、ピーマン、クレソンなどは、意識して摂るのがお勧めです♪
あとは、良質のタンパク質。
大豆やお魚の方が、より健康には適していると言えそうですが──そこは、情熱の星座・牡羊座。大豆よりお肉、な気がするのは、私だけ?(^-^;)
・・・でも、脂肪の少ない赤みのお肉は、量を過ごさなければ、筋肉を作る上でも欠かせない食材です(あ、無論、ベジタリアンな方や、アレルギーのある方は、無理をなさらずm(__)m)

 


一方で、血行促進に、マッサージや半身浴などもお勧めですが、「いざとなると面倒で・・・」とか「なかなか時間が・・・(-_-)」といった時には、手浴、足浴だけでも試してみては如何でしょう(^_^)

まあ──足浴は、意外に準備や片付けに手間がかかったりはしますが、手浴は簡単♪
洗面器にぬるま湯を張り、両手を浸けるだけ(^^)

手首の上の方まで浸けた方がより効果的なのと、敏感肌でなければ、お塩(自然塩)を入れたり精油を垂らしたり。手の先で温められた血液が循環して肩に巡ってくるので、実は直接肩を揉みほぐすより楽になる事も。
特に寒さの厳しい季節なら、帰宅して手を洗う際に、少しだけ時間をかけてもらうと、体も心もホッとしますよ~~(*^^*)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

牡羊座の章。


雰囲気を感じ取っていただけましたでしょうか?

この後、カラー<赤>、香り<コーヒー> と、続きます(^^)

香りに関しては、精油・ハーブからの記述が主ですが、牡羊座の章の様に<コーヒー>なども取り上げていますので念の為。
水瓶座の章では<琥珀>!です。
ええ、パワーストーンではなく、香りに関する記述です。<琥珀>

 

星座に因んだあれこれ。

ちょっとした豆知識。或いは雑学として。

 

“教える”というよりは“伝える”という気持ちで。

私自身が教わり、<目から鱗>だったり感銘を受けたりした事柄を、星座に因んだ形で、お届け出来れば。

 

「すぐには役に立たないように見えても
やがて こころの底ふかく沈んで いつか あなたの暮し方を変えてしまう」

 

これは、『暮しの手帖』の序文にある一説です。
恐れ多いとは思いつつ。
星座の恵みにより、毎日がより豊かなものとなるよう、当講座が、そのお役に立てれば幸いです(^^)

 

 

もし、多少なりとも、興味を持っていただけたなら。

 

是非一度 こちら まで♪ 

 

 

追記

当講座以外にも、暮らしを豊かにしてくれる、魅力の講座が多々♪

幾つか、オススメ講座をご紹介。

 

あなたを魅力的にするアロマ・マイフレグランス入門 

http://www.knowledge.ne.jp/ksa/244863-1-1972

 

 

暮らしを豊かに!季節のアロマ & 花 の癒し -12ヶ月早春編 3月-

http://www.knowledge.ne.jp/ksa/244863-1-938

 

 

香りの魔法☆アロマテラピー&スピリチュアルアロマテラピー
http://www.knowledge.ne.jp/ksa/244863-1-795

 

 

いずれも、お試し受講あり。

宜しければ、是非一度(^-^)