【れびゅー】本当のスーパースター

 

『ワンダフルライフ』

元は“奇跡を呼ぶ男”とまで賞賛された、あるプロ野球選手が
ケガで引退。
その華々しい成績とは裏腹に、それはそれは性格の悪かった
彼(^^;)は球団を追い出され、他のチームからお呼びがかかる
事もなく、とある弱小少年野球チームのコーチになる──


という説明を見た時には、『がんばれベアーズ』の様な、勝
利に向かって努力していく少年達、の物語を想像していたの
ですが。



ある意味、このドラマは群像劇。



勿論、主人公であるところの、初めは最低最悪だった(^-^;)
彼が、弱小チームの少年達や、その家族である周囲の大人
達と接していく中で、次第に変わっていく姿がメインテー
マだとは思うのですが。



舞台が、<大手の商業施設に飲み込まれかけている、昔な
がらの商店街>に置かれている事から、日々の暮らしに泣
き笑いをしつつ、どちらかと言えば情けなかったり、格好
悪かったりもする大人達が、それでも自分達なりに一生懸
命生きる姿も描かれていて、決して劇的!に変わる訳では
ないのだけれど、誰もが少しずつ成長していく。


勿論、それは弱小チームの子供達においても。

そして当たり前の事ながら、その成長は、単に野球が上手
くなる、というだけの事ではなく。




第7話。

チームの一人が急激に成績を伸ばし、それによって己の力を
過信するようにもなってきた頃。

主人公は、かつての自分をその姿に見ます。


そんな時、当時の同僚(先輩?)と再会。


その人は“中継ぎ専門”の投手で、毎試合、先発ピッチャーから
引継いでは、数回を投げるだけで、抑えの投手に交代する。

20数年中継ぎ一筋に投げてきた、それだけが取り得の、何一つ
記録を持たない縁の下の力持ち。

解説者となった今でも、TV局のスタッフに「華がない」と実
は陰で言われながら、それでも見えない所で人一倍努力し、
黙々と自分の仕事に打ち込んでいる。

にも拘らず、当時のスーパースター、今でも周りの目からは
“華がある”と映る主人公と、解説の仕事を交代するよう告げら
れてしまうのです。



──かつて。



チームの優勝よりも、自分の記録の事しか頭になかった主人公は、
今になって初めて、黙々と投げ続けてきた、その人の偉業を想い
ます。

そして、あの頃の自分の傲慢さに、そっくりになりつつある少
年に向かってこう言うのです。


「チームの為に、唯ひたすら中継ぎを続けてきた、彼の様な人
こそ本当のスーパースターだ」と。




地味で、気が弱そうで(^^;)、でも、誰より誠実で温かい。

そんな先輩投手を、演じているのは村田雄浩(たけひろ)さん。

これ以上ない、ハマリ役♪ 何とも味があって素敵です(^-^)





主人公と同じ位、時にはそれ以上に、脇役がそれぞれ存在感を
示している(・・・ま、正直、まだ演技に慣れていないのね、、
という役者さんも、いる事はいるのですが(-_-;))。



だから、このドラマは“群像劇”



エンディングの映像は、それを如実に物語っていると、言って
良いかもしれません(^_^)


ワンダフルライフ DVD-BOX

新品価格
¥19,453から
(2013/9/18 22:28時点)

【DVD】【中古】ワンダフルライフ <全6巻セット>■反町隆史/長谷川京子/八嶋智人/堀内健■(2004) フジテレビ系列■【smtb-td】【送料無料】

価格:5,555円
(2013/9/18 22:26時点)
感想(0件)