【れびゅー】分岐点

 

毎日の、その時、その一瞬。


その全ては<分岐点>


右へ行くか、左へ行くか。
前へ進むか、後ろへ退くか。



そして時には、生か死か、をも。



日々、選択し続ける──





ファースト・アルバム『分岐点』について、そのタイトルを
つけた理由を、彼はそう語っていました。



正直──



目が点(・_・;)



単純に、ずっと役者として歩んできた彼が、詞を書き、メロ
ディを紡ぎ、歌を歌ってアルバムまでリリースした。
新たな進路に舵を切った。

そういう意味での“分岐点”だとしか、思っていなかったから
です。



“生きていることだけが最後の砦”
“分岐点に立ち 選ぶのは僕自身”





良きにつけ、悪しきにつけ。

余りにも鋭すぎる感性は、拾わなくてもいい、他の人々であれば
気に留める事すらない出来事や物事に、いちいち傷つき、憤り、
やがては、形のないモノに真実を見つけ出したいと、願う様に
なるものなのかもしれません。



良くも悪くも。

生きていく為には、“人並み”に鈍くなるより術はなく。




けれど。



いつの時代にも、“透明な心”を抱いた人々は、問いかける事を
せずにはいられないものなのでしょう。



“繰り返しでも生きてゆけると君にささやく”
“うずくまり泣きじゃくる君は耳をふさいでいる” 
                  <心弱き君へ...>

“どうしようもないことなんて 世の中にはいくらでもある”
“たとえば信じた人の命が尽きること”
“生きてく辛さにとまどい夜の街を一人さまよえば”
“諦めた人が酒臭い声で人生を歌う”
                  <どうしようもないこと>




より善く在りたいと願う心と、“ありのままの自分”を受け入れ
る事の大切さと。

正しく在りたいと想う心と、物事を善悪で裁く事の危うさと。



未だ──そして、恐らくは、これから先もまだまだ──迷い、
戸惑い、繰り返し、問い続け。



何故、生きるのか。
何の為に生きていくのか。



“誰かのせいにするのは もう止めよう”

“越えなければ 傷だらけの魂でも”
“生まれた意味はきっとそこにあると思って”



“分岐点に立ち 選ぶのは僕自身”


[CD] 吉岡秀隆/分岐点

価格:2,447円
(2013/9/21 14:17時点)
感想(0件)

 

分岐点

新品価格
¥900から
(2013/9/21 14:20時点)